ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士の樋口亜耶が代表を務める、ことのは行政書士事務所のブログです。

不思議な写真が撮れました

こんにちは。
今日は、大安と一粒万倍日が重なるという、ものすごく縁起のいい日だったそうですね。

という事で、お金に関するご利益があるので有名な御金神社に行ってきました。

神社の前で写真を撮ったんですが、不思議な虹色の光が写り込みました。
f:id:wonderwoman33:20210222165128j:plain
実は先日厄払いに行って神社でも、同じような光が写り込んだ写真が撮れました。
f:id:wonderwoman33:20210222165003j:plain
本当に不思議ですね。
他の写真では、こんな光の筋が写り込む事はないのに。

私はとしては、勝手にこれは歓迎されているいい兆候だと思っています。
やはり、土地の神様に挨拶するのは大事ですね。



さて、昨日今日と事務所のメニューを練り直しておりました。
具体的には事務所としてのメニューに絞りをかけて精度を高める為に、顧問契約の形態を料金と内容別に3本化する事に決めました。
お客様にとって、何がどこまで必要かはそれぞれ違いますからね。

私は、士業の様な人間は、お客様にとって為になるかを一番に考えないといけないと思っています
私自身は、お客様の大事なお金を預かるのだから、それ以上の利益を返せるようにしたいと思っているし、もし利益を返せないようなら断る勇気も必要だとすら思っています。 

自分が事業主様の人生に多大な影響を与える可能性がある事、大切な人生を預かるという事は常々感じています。
ただ、残念ながら、その様に考える事もなくお金さえもらえればいいやという考えで、仕事をしている方も一定数いらっしゃいます。


そういう方に出会うと、とても残念な気持ちになります。
まぁ、どんな仕事の仕方をするかはその方の自由なので特に私が何か意見する事はないのですが。

ただ、私自身は、そういう風にならないように常に
「自分がお客様ならどう思うか」という事を考えながら仕事をしていきたいと思います。

自分が何らかの形で関わった方達の事業は、みんなうまくいっていただきたいなと心から願っています。