ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士の樋口亜耶が代表を務める、ことのは行政書士事務所のブログです。

リッツカールトンでのセミナー

こんばんは。 

昨日は、人生で初めてリッツカールトンホテル大阪に行ってまいりました。
リッツカールトンと言えば、巷では有名な5つ星ホテルです。

以前から、1回行ってみたいなぁと思いつつも、なかなか行く機会がいまま今に至っておりました。

今回リッツカールトン行く事ができたのは、そこがお招きいただいたセミナーの会場になっていたからです。
f:id:wonderwoman33:20210228182948j:plain
リッツカールトンホテルは、「お客様も気付いていない隠れた願望を実現する」(詳細は違うかもしれませんが、こんな感じだった筈)だそうです。

今回は、まさにそれを体現しているなぁと思う事がありました。


まず、ホテルのエレベーターをに乗って会場の階についた時、既にエレベーターの前あたりにホテルマンの方がスタンバイをしていらっしゃいました。

そんな所にホテルの方がスタンバイしていらっしゃったのもあまりなかったので、まずそこでびっくりしました。
(今までも、イベントスタッフが案内に立っている事はありましたが)
f:id:wonderwoman33:20210228183115j:plain

そして、私がどの会場を探しているかも一言も言っていないのに、私が一言も発する前に「会場はこちらです」
と案内をして下さったのにはたまたにびっくりしました。
ちなみに、その日は同じ会で複数の催しがされたのですが、、、、。
f:id:wonderwoman33:20210228183025j:plain
何故私がどこに参加するのかわかったかのかなと思ったんですが、恐らく私の服装やわずかな目の動き等から、どこの催しの来場者か等の情報を読み取ったのでしょう。


相手に言われる前に、相手の求めている事を予測して
提供するという、聞くよりはるかに難しい事を実践されているのだなぁと思いました。

自分自身、なかなかそこまでの気の回し方はできていないのですが、家庭でも友達関係でも仕事でもそういう先読みができていたら、とっても居心地が良くなる事間違いなしですよね。

とても大切な事を学ばせていただいた気がしました。

さて、ここまで私リッツカールトンの接客の素晴らしさを中心に書かせていただきましたが、肝心のセミナーの内容もとても素晴らしかったです。


特に、今回お招きいだだいたおかたづけのプロの遠藤律子さんの、プチ講義がめちゃくちゃ為になりました。
おかたづけのプロ曰く、床面積の広さとその家の収入って大体比例するそうです。
f:id:wonderwoman33:20210228184152j:plain
あー、、何かわかるような気がしますよねこれは、、、。
片付けられていなかったり、余計なものがいっぱいあると思考もまとまり辛いですからね。

これは是非我が家も片付けをしなければと思い、昨夜から我が家は大掃除をしています。
ちなみに、片付けが大方終わった先程、お仕事の紹介が入りました。

これも片付けの効果でしょうか?
これからも無駄なものは貯めこまないように、スッキリ暮らしたいなぁと思います。