ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士コトアヤが書くブログです。日常記事の合間に事業に役立つ情報をお送りします。

偶然迷い込んだ展覧会

こんばんは。

お昼は温かかったものの、夜は少し寒くなってきましたね。

 

何とか毎日ブログを書こうとしてはいるものの、やはり、バタバタしていてなかなか更新できない時もあります。

そんなわけで、今日は1日ぶりの更新です。

 

補助金の準備はしっかりと

 

今日は、午後から徒歩圏の地域にお仕事(補助金関係)にいってまいりました。

近くでありながら、まだ歩いた事のないエリアだったので、お仕事後はとても楽しくお散歩をさせていただきました。

 

そうそう、小規模事業者持続化補助金の一般方の締切は6月4日となっております。

こちらの一般型は、コロナ対応型とは違って商工会議所の確認が必要です。

商工会議所の確認書の発行には数日時間がかかりますので、申請の準備は遅くとも2週間前には取り掛かる方がよいと思われます。

準備期間を十分とって、しっかりとした事業計画を作りあげましょう。

f:id:wonderwoman33:20210426203131j:plain



 

偶然紛れ込んだ展覧会

ホテルアンテルーム京都

さて、昨日の事ではありますが、行政書士会の会務の帰りに用事があって寄った

ホテルで、偶然展覧会が開催されていました。

 

f:id:wonderwoman33:20210512214356j:plain

 

 

このホテルは、「ホテルアンテルーム京都」という名前なのですが、どうやらアーティストさんの間では有名なホテルらしいですね。

www.uds-hotels.com

後で知りましたが。

 

ちなみに賃貸物件として借りる事もできるらしいです。

f:id:wonderwoman33:20210512215400j:plain

 

f:id:wonderwoman33:20210512220156j:plain

 

庭にもこんな感じで作品が展示されていました。

石を敷き詰めた庭を海に見立てて、苔を生やした展示物を島の様に見せているのでしょうか?

f:id:wonderwoman33:20210512220347j:plain

エレベーター前にはこんなオブジェもありました。

これも作品の1つでしょうか。

 

通路突き当りにこの派手な作品がバーンと見えるので、インパクト大です。

 

どこかしらピカソっぽい雰囲気があって、個人的には結構好きな感じの作品でした。

 

社会を風刺する作品も

これらの他にもたくさん作品が展示されていました。

写真はありませんが、今のコロナ化のオンライン化社会を風刺した様な作品もありまして、なかなか身につまされる思いもしました。

 

まだ緊急事態宣言下で、なかなかこういう展覧会を見に行く事も強くおすすめはできませんが、写真を見て楽しんでいただければ嬉しいです。