ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士の樋口亜耶が代表を務める、ことのは行政書士事務所のブログです。

好きな事を仕事にしたらいいやんという話②

おはようございます。

 

 

 

たまにはこの時間に投稿をアップしてみようかなと思います。

 夜中ではなく、この時間に書く方が筆が進んだりしますからね。

 

↑このブログでは、日々のよもやま話やらたまに事業主さんの役に立つ情報を書かせていただいております。

よろしければ読者登録していただければ、励みになります!

f:id:wonderwoman33:20210429233345p:plain

有意義な時間を過ごさせてただきました

昨日の午後は、いつもお世話になっている方を含めて3人でお話をする機会を

いただきました。

お昼の1時間程でしたが、仕事の話のみならず飼っているペットの話や、今のパートナーとの馴れ初め等の話も出て、とても楽しい時間となりました。

お仕事の場面だけでは見られない、人としても魅力的な部分が伝わって、とても有意義な時間となったと思います。

f:id:wonderwoman33:20210331101821j:plain

 結局人として好きかどうかが大事

私は、仕事をする際は、単なる仕事関係の方としてではなく人としても仲良くなりたいなと思っています。

せっかく知り合えた方とは、どうせならご縁を大切にしたいですし、仕事とか関係なくても長くお付き合いをさせていただきたいですからね。

 

たくさんの人と浅く広くお付き合いするより、数が少なくても素敵な方達と一緒にお仕事をさせていただければと思います。

 

だから、こういう風にお話をじっくしする時間をとても大切にしていますが、昨日はこれから長くお付き合いできる方を新たに見つける事ができた気がしています。

本当に有難いですね。f:id:wonderwoman33:20210331101749j:plain

やはり好きな事を仕事にするとうまくいくのか?

そう言えば、昨日のお話の中で「自分の周りでうまくいっている経営者さんは、好きな事を仕事にしている」という事が話題になりました。

 

先日、こちらのDAIGOの本をブログの記事の中で紹介させていただきましたが、その話を聞きながら、本の中でDAIGOが言ってい下の言葉を思い出し、「あーやっぱりそうなんやなあ」と思いました。

 

私たちは、お金を稼いだり、貯めたりするためには、「好きなこと」を我慢しなければいけないと考えがちです。 

         

しかし、これは逆です。

「好きなこと」を我慢しないほうが、お金はあなたのところへ戻ってくる確率が高くなり、増えていくのです。

なぜなら、本当の成功を手にしている一流の人は、みんな仕事を心から楽しんでいるからです。

 

 「好き」を「お金」に変える心理学より

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

 

wonderwoman33.hatenablog.com

 

好きじゃないと続かない

人って結局好きな事じゃないと続かないんですよね。

どんだけにそちらの方が似合ってると言われても、好きでもない服を買って着続けるのって続かないし(私の体験談)、好きでもないものを毎日食べ続けるのはきついです。

 

私は無類の鮭(酒ではなく魚の方です)が好きで、何なら3食鮭でもいけるくらいですが、他のものなら3食はきついですね。

何なら大好きな鮭を3食より美味しく食べるために、鮭レシピを考え続けるのも苦痛ではありませんし楽しくできる自信があります。

(まあ、最近全然料理してないんですけれども…)

f:id:wonderwoman33:20210514142348p:plain

好きな事ってずっとできるし、誰に言われずとも自ら勝手に探究していけるので、レベルも自ずと高くなっていきます。

逆に嫌いな事は、取り組んでいても楽しくないから自ずと先延ばしにしますし、進むのも遅くなります。

f:id:wonderwoman33:20210326214344j:plain

好きな事をすると結果的にクオリティも上がる

私も、正直行政書士業務の中でも好きなものとあまり好きでないものがあります。

好きなものは、やはり進めるスピードも早いですしクオリティも高いです。

 

これは、好きなタイプの業務をしている時は、DAIGOの言うようにフロー状態に

入りやすくなっているからだと思います。

フローとは、心理学者のミハイ・チクセントミハイが提唱した概念で、ある物事に取り組んでいるときに、完全にそのことにのめりこみ、集中している状態のことを言います。

人は、好きなものに取り組んでいるときには、比較的簡単にフロー状態に入ることができる性質があります。

「好き」を「お金」に変える心理学より

 

 

でも、好きでないものは、やっぱりスピードも遅いしミスが発生したりもします。

これは、DAIGOが本や動画の中でもいように「ストレスがかかるとIQが下がる」という事結果かもしれません。

 

好きでない事をすると、そりゃストレスがかかりますからね。

 

好きじゃない事ばかりしてしまっていた

思うに、私にとって問題であったのは、今まで好きでない仕事の方が分量が多かったという点です。

その様になってしまっていた原因は、いくつか思い当たる節があります。

ちょっと記事が長くなってしまうので、その辺りの続きはまた次回以降書かせていただこうと思います。

 

とにかく、この好きな事を仕事にするべきだというお話は、とても大切な事だと感じているので、またDAIGOの本を引用しながら自身の体験談と共に書かせていただく予定です。

 

 私は大概DAIGOが好きなんですけど、この本は今まで読んだDAIGOの本の中では一番

モチベーションアップに役立った本です。

 

一番好きな本とも言えます。

好きだから、これからもこの本の特集記事を書いていくつもです。

 

そう思うと、好きであるという事は本当に大切な事だと感じますね。