ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士コトアヤが書くブログです。日常記事の合間に事業に役立つ情報をお送りします。

仕事の中で感じる世知辛さ

 

こんばんは。

行政書士兼社団法人をしています、コトアヤです。

 

ブログ訪問ありがとうございます。

日常のもよやま話の他、仕事の中で得た事業のお役に立つ情報を発信していきます。

 

よろしければ読者登録お願いします。

すごく励みになります。


f:id:wonderwoman33:20210826123732j:image

 

 

 

仕事をしていて世知辛い瞬間

 そんなに間が空いていないにも関わらず、なんだかすごく久方ぶりの投稿の様な気がしています。

それくらい、ここ数日は結構濃かったです。

 

 

考える女性

決してやってはならない事=依存させる事

この仕事をしていると、いろいろと考えさせられる事の連続です。

自分のいる意味とはなんなのか…と思う事もあります。

 こういう仕事は、所謂人に指導をする立場となりますので

「私にお任せいただければ、絶対に大丈夫です。何でもうまくいきますよ!!」と言って相手を依存させるのは簡単な事です。

このコロナ禍で、補助金コンサルタントを始めとする自称コンサルタント(恐らく無資格者)が多数発生しているようですが、彼らはそういう事をするのがとても上手です。

ビジネスマン

そうして、相手に依存してもらえれば、商売としてはうまくいくのかもしれません。

うまく依存してもらえれば、高額な報酬の請求もしやすくなりますしね。

 

ですが、私はそれはしてはいけない事だと思っています。

NG

「絶対いける」は無責任

まず、「絶対に大丈夫」なんてものは、世の中には存在しないからです。

どんな事にも例外というものはありますし、予測不可能な出来事が起こる可能性もあります。

また、仕事は分業制であり、自分の力ではどうにもならない範囲というのもあります。

例えば、私がメインで行っている補助金申請は、その補助金を通すかどうかの審査をするのはあくまで国であり、私ではありません。

猫

だから私が、「絶対に通ります」という風に伝えるのは、無責任な行為となります。

よく依頼者の方に「先生に頼んだらまず通ると思っていていいですか?」を聞かれる事がありますが、私はいつもこう答える事にしています。

 

「私に依頼していただいても、通るかどうかは保証できません。私がしてもだめな事はあります。そもそも私が審査員ではないので、絶対に通るかどうかは申し上げる事はできません。ただ、できる限り通る様に努力させていただきます。 そしてこの補助金申請が通っても通らなくても事業を進められるように、事業計画をまとめ上げていけたらなと思っています。この機会に、自身の事業について今一度考えるきっかけにしていただきたいです。」

事実を伝える事の大切さ

私は確かに、普通よりも通るコツは知っているとは思います。

でも、通るように努力をする事ができるのみで、黒を白に変える権限まではありません。

あるもの活用する事はできますが、ないものをあると言う事まではできません。

バツ

だめなものはだめと言わなければいけませんし、依頼者の方の聞こえのいい言葉ばかりを言うこともできません。

 

相手の言う事を全て手放しでほめて、夢を見させる事は、その瞬間は相手の心を癒す事ができるかもしれません。

 

ですが、そうやって言うべき事を言わずにいると、往々にして後で問題を発生させます。

落ち込む猫



例え耳に痛くても事実を伝える事が、本当に相手の事を思う行為なのではないでしょうか?

きちんと事実を早めに伝える事で、適切な対処もできるようになりますからね。

時には伝わらない事も…

しかし、残念ながら時にこの気持ちが伝わらない事があります。

何故か、耳聞こえのいい自称コンサルタントとやらの言う、気持ちのいい言葉の方を信じてしまう方がいらっしゃるのです

 

そういう時は、とてもなんというか世知辛い気持ちになります。

女性

その方の辿る未来が見えているのに、止められない事にとても歯がゆさを感じます。

 

そもそも資格も何の経験も学位もないのにコンサルタントと名乗ってい高額な報酬を請求する方々は、一体何の根拠を持って経営の指導をしているのでしょうか?

コンサルという言葉は安易に使われがで、コンサルタントは誰でも名乗っていいような空気がありますが、本来、所謂コンサルというのは経営指導を指すものなので

そんなに簡単にできるものではないと思うのですが。

 

私には、まだその辺りがよくわかっていません。

 

ただ、どうやら彼らは一定の需要があり、人気がある様に見えます。

もちろんその中には、依頼者の事を本当に思っている素敵な方々もいらっしゃいます。

 

ですが、様々な方の話を聞いていると、皆がそうであるとは思えないのが現実です。

 

事業主の方には、相手の方が本当に自分の事を思ってくれている人か、一度立ち止まって見極める冷静さを持っていて欲しいなと思います。

考える女性

 



相手の言葉を鵜呑みにせず、「本当にそうかな?」と自分の頭で考える癖をつける事で、様々なトラブルを回避する事ができます。

 

これは、日常生活においても言える事ですけど。

 

本当にこの辺りは、普段から心がけていただきたいなと思っています。

それでは、素敵な夜をお過ごし下さい。

 

 

 

 

ことのはの言霊 - にほんブログ村

↓よろしければ、1日1回ぽちっとお願いします~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↓事務所ラインを始めました!事業主さまのお役に立つ情報を先立って配信していきます。ライン友達限定の割引クーポンもありますので、よろしければお友達追加してください~