ことのはの言霊

京都一敷居が低い行政書士コトアヤが書くブログです。日常記事の合間に事業に役立つ情報をお送りします。

病気が教えてくれた事


こんばんは。

行政書士のコトアヤです。

 

以前、ちらっと投稿でも書かせていただきましたが、今日から一週間程手術の為に入院する事になりました。


f:id:wonderwoman33:20211220195509j:image
今病院のベッドの上でこの投稿を書いています。

そもそも入院するのは小1以来ですし、手術なんて生まれて初めてです。

初めて手術を受ける事になり、最初はショックでした。


f:id:wonderwoman33:20211220195956j:image

でも、今回病気がわかり手術を受ける事になって良かった事もいくつかあります。

 

1つ目は、仕事を休む事ができたという事です。

私はどうも休むのが下手くそで、無理してでも仕事を受けてしまう癖があります。


f:id:wonderwoman33:20211220200134j:image

でも、病気が発覚したおかげで、「あー、無理がたたったなぁ。これは休めって事やなぁ」と反省する機会をいただき、スピードを自ら緩める事ができました。

 

病気発覚後も有り難い事にお仕事の話はいただいていましたが、そこは無理せず他の方に回したりして、自分は休養をとる事を優先させていただきました。


f:id:wonderwoman33:20211220201150j:image

そういう風に、他の方に仕事をお任せしたりする判断も、今までならこんなにすんなりはできませんでしたし、それは病気のおかげだと思っています。

 

プライベートの時間も、おかげ様でゆっくり取らせていただく事ができ、家族と過ごす時間の大切さも再確認する事ができました。


f:id:wonderwoman33:20211220200305j:image

あと、もう1つ病気になって良かった事は、医療制度に詳しくなった事です。

特に、高額医療費関係の限度額適用認定制度や、還付制度、万が一のときの為にと思って入っていた医療保険には助けられました。

 

この辺りに関しては、また改めてブログの中でも書かせていただこうと思います。

もうすぐ消灯の時間なんでね…

 

 

それでは皆様、素敵な1日をお過ごし下さい〜